コンテンツ

費用について

相続手続きに関しては、ケースにより異なる為、費用の算出が非常に難しくなります。
その他のお手続き費用はお問い合わせ下さい。初回1時間以内のご相談は無料です。

相続税申告 基本報酬

遺産総額※ 報酬額 備考
~6千万円 300,000円 ※金額は税抜きです。
別途消費税がかかります。
6千万円~8千万円 360,000円
8千万円~1億円 440,000円
1億円~1億2千万円 520,000円
1億円2千万円~1億5千万円 600,000円
1億5千万円~2億円 700,000円
2億円~ 別途詳細見積

加算報酬

遺産総額 報酬額 備考
財産目録の作成(表形式) 20,000円 ※金額は税抜きです。
別途消費税がかかります。
遺産分割協議書の作成(当事務所で作成する場合) 30,000円~
土地の評価(市街化区域内の宅地又はこれに準ずる土地等。1利用区分につき) 50,000円~
同上(1利用区分につき・市街化調整区域内) 30,000円~
特別な調査を要する土地等 広大地、地積規模の大きな宅地など 200,000円~
非上場株式の評価
(1社につき)
100,000円~
相続人が複数の場合
(2名以上の場合)
上記基本報酬×5%×(相続人の数-1)
申告期限まで短い場合※2 上記基本報酬×10%~30%

関連業務の報酬

所得税の準確定申告 30,000円~

その他の費用

(金額のあるものは本体価格表示)
不動産評価に必要な資料の取得代行 実費のみご負担お願いいたします。
戸籍関係書類の取得代行 提携司法書士に依頼します。
相続登記を行う場合 提携司法書士に依頼します。
遠方訪問のため宿泊を要する場合 1人1泊8千円
遠方訪問のため特に交通費がかかる場合 交通費実費相当額
税務調査立会 1日につき6万円
修正申告書作成 一式3万円~別途お見積り
延納・物納を行う場合 別途お見積り致します。

土地の評価について不動産鑑定評価が必要な場合 提携不動産鑑定士に依頼します。
遺産分割につき相続人間で争いがある場合は別途報酬がかかる場合がございます。
特に調査、研究を必要とする場合、その他特殊事情により作業量が膨大になる場合には、別途報酬を頂く場合がございます。

※遺産総額とは、プラスの財産の総額のことです(生命保険金など、みなし相続財産を含む)。
※遺産総額として計算する場合の土地の価額は、市街化区域内所在の場合(路線価×面積)です。
 市街化区以外に所在する土地の場合は(固定資産税評価額×国税庁の定める評価倍率)となります。
 遺産総額の中に上場株式が含まれる場合は相続開始日の終値によります。

※2 申告期限から60営業日以内の場合:10%(業務依頼書の当事務所到達日を基準日とする)
※2 申告期限から40営業日以内の場合:20%(同上)
※2 申告期限から20営業日以内の場合:30%(同上)

上記の全ての報酬は本体価格表示です。消費税が別途かかります。



クレジットカード決済につきまして

当事務所は相続税申告報酬のご請求に関して、お振込に加えてクレジットカード決済もできるようになりました。

クレジットカード決済のメリット

  1. ポイントが貯まる
  2. マイルが貯まる
  3. 夜間・休日でも決済可能
  4. PC、スマホからでも決済可能
  5. どこに居ても決済可能
  6. 振込手数料の負担がかからない

当事務所のクレジットカード決済は、専用メールをお客様宛にお送りし、そのメールに記載されたアドレスにお客様がログインして決済していただくというシステムです。
当事務所に来所頂いて決済する必要もありませんので、手軽にご入金が可能となっております。

生前対策コンサルティング業務

三田会計では、相続が起きてからの申告業務はもちろんのこと、相続が起きる前、すなわち「生前」のときから相続を見据えて、いろんな準備を「今から考え、実行すること」、すなわち「生前対策」の実施をおすすめしています。

「生前対策」とは、大きく分けて、下記の二つから成っています。
【1】遺産分割対策(遺留分対策)
【2】相続税対策(節税対策、納税対策)

【コンサルティングの内容】
将来起こりうる相続について、

【1】ご本人およびご家族の意向をお伺いながら、財産の分け方のシミュレーションを行います。
【2】推定相続人の遺留分にも配慮します。
【3】遺産分割シミュレーションにもとづいて、相続税や生前贈与の贈与税の試算を行います。
【4】納税資金の確保ができているかどうか確認します。
【5】相続分に見合う財産がない場合など、代償財産の確保を検討します。
【6】必要に応じて生命保険契約の活用も検討します。

以上のコンサルティングによって、そのご家庭にとっての最適な生前対策の立案が可能となります。

※生前対策案は、1年~数年に一度の定期的な「見直し」をおすすめしています。
ある時点で「最適」と思われた対策案も、数年後の時点で、さまざまな状況の変化から、必ずしも「最適」ではなくなる可能性も生じます。
また不動産の時価も当然変わりますし、金融資産の残高も増減するでしょう。

そのような観点から、数年~数十年の期間にわたり、複数回のコンサルティングを受けていただけるように、1回あたりの報酬を抑えて、お気軽に何度でもご相談いただけるようにいたしました。

生前対策コンサルティング報酬(単位:円。税抜表示。別途消費税がかかります。)

総資産額 ※ 初回 2回目以降1回当たり お勧めのコンサルティング頻度
1億円まで 7万円 5万円 3年に1回
1億円~3億円 8万円 10万円 2年に1回
3億円~5億円 10万円 7万円 2年に1回
5億円~10億円 20万円 8万円 1年に1回
10億円以上 15万円 10万円 1年に1回

※総資産額とは、プラスの財産の総額のことです。

※生前対策コンサルティングでは、不動産の評価額はあくまで概算計算のみとなっております。

【概算計算とは】
建物については「固定資産税評価額土地(市街化区域内)については「路線価×地積」
土地(市街化区域以外)については、「固定資産税評価額×評価倍率」

不動産について、実際の相続税申告の際に行う評価計算に準じて、詳細に評価計算することをご希望なさる場合は、別途報酬がかかりますのでご了解下さい(お見積もりをいたします)

【生前対策コンサルティングを受け、その後相続が発生したとき】
生前対策コンサルティングに係る報酬は、実際に相続が発生したときに、相続税申告業務をご依頼下さる場合には、その申告業務報酬の総額から、それまでにかかったコンサルティング報酬総額の30%をお値引き致します。